甘党男子

日々おもしろいと思ったことを軽く考察。

十二季節の魔法使い 個別カード解説 その2 火の護符

f:id:zemuriya:20150605112506j:plain

 

  1. カードの説明
  2. 解説
  3. コンボ
  4. 相性のいいカード
  5. 相性の悪いカード
  6. 相手が持っている場合

1.カードの説明

パワーカードを4枚引いて、そのうち1枚を手札に加え、他の3枚を捨て札にする 

 

2.解説

ダイスでドローするよりかは運要素が省かれるが、それでも2拡張デッキでプレイするとなかなかに運要素が強い。

だが、ドローはトークン供給のある状態では基本的に強い行動となるため、大抵の場面でそつなく使えるはず。

このカードでトークンを消費し、さらにドローしたカードを召喚するためにトークン消費するため、運命の手やトークンを供給するカードが欲しくなる。

一見可もなく不可もなさそうな効果だが、供給カードとの組み合わせやドロー次第では相当なポテンシャルを持つ。それくらいドローすることは強い行動なのだ。

しかしながらドロー系の行動選択をしすぎてゲージ制限の15枚を越えてしまったりカードを出しきれない、なんてことにならないように。2年目~3年目に活躍する。

 

3.コンボ

特になし。

※コンボとはいえないまでも良い組み合わせは多々考えられる。

 

4.相性のいいカード

ヤンの忘れられた花瓶

春の杖

ラグフィールドの兜

壮大の錫杖

冬の杖

使い魔の像

壊死のクリス

 

5.相性の悪いカード

エシールの泉

破壊者ケアン

 

6.相手が持っている場合

手札が増えるので、アルカノ蛭やアルゴスの監視者等の使い魔カードで召喚の邪魔をしたいところ。

広告を非表示にする