読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘党男子

日々おもしろいと思ったことを軽く考察。

十二季節の魔法使い 個別カード解説 その12 信託者オトゥス

f:id:zemuriya:20150605113155j:plain

  1. カードの説明
  2. 基本的な解説
  3. コンボ
  4. 相性のいいカード
  5. 相性の悪いカード
  6. 相手が持っている場合

 

1.カードの説明

プレイヤー1人につき、パワーカードを1枚引き、プレイエリアの中央に置く。各プレイヤーは自分のターンに、その中から1枚のカードを召喚コストを支払って召喚してもよい。

 

2.基本的な解説

オトゥスを召喚したら、プレイヤーの数だけ場にカードが出ます。

BGAですと3年目のカードの下ですので、見落とさないように注意して下さい。

私はブラウザの表示を75%とかにしてもろもろ全部表示する大きさに調整しています。

1ターンに1枚ですが、召喚コストを支払って場に出すことができます。もちろんゲージは用意しておく必要があります。

実は2人対戦だとオトゥスの召喚するターンが後攻の時、2連続でターンが回ってくるので、コストさえあれば全部召喚しきれてしまいます。コストさえあれば。

 

3.相性のいいカード

壊死のクリス

冬の杖

ハシリドコロのネズミ

灰顔のルイス

など魔力トークンを手に入れられるカード

竜の頭蓋骨

などのゲージを開けたり増やせるカード

 

4.相性の悪いカード

永遠の杯

イオリスの複製装置

などゲージを圧迫するカード

 

5.コンボ

後攻ターンに召喚し、相手にターンを渡さずすべて召喚するセルフコンボ

使い魔が出た場合、壊死のクリスで使い捨てる。

 

6.相手が持っている場合

対策なし。

カードを押し付けたりして魔力トークンを貯めさせないようにしよう。